「なばな」の基礎知識

なばなとは

「菜の花」「なばな」「菜花」「花菜」は、アブラナの花芽の総称として使われています。

美味しい時期

千葉県の「なばな」は12月から4月上旬頃まで潤沢に出荷されますが、特に1月から2月が旬の美味しい時期です。

選び方

葉や茎が柔らかく色鮮やかで張りがあり、特に蕾が締まっていて、切り口新鮮なものを選びます。

保存方法

束をばらしてから、ポリ袋にいれ、蕾部分を上にして冷蔵庫の野菜室で保存します。
なばなは長く置くと蕾が開いてくるので、なるべく早く食べるのがポイントです。

なばなの成分

「なばな」はミネラルのカリウム、カルシウムをはじめ、マグネシウムやりん、鉄などを豊富に含み、食物繊維は野菜の中でもトップクラス。またβカロテン、ビタミンB群、ビタミンCも豊富です。

ゆでた後水で冷し、手搾り(可食部100g当たり)
エネルギー 28kcal
水分 90.2g
たんぱく質 4.7g
脂質 0.1g
食物繊維 4.3g
ナトリウム 7mg
カリウム 170mg
カルシウム 140mg
マグネシウム 19mg
リン 86mg
1.7mg
亜鉛 0.4mg
0.07mg
マンガン 0.25mg
βカロテン 2400μg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.14mg
ナイアシン 0.5mg
ビタミンB6 0.11mg
ビタミンK 250μg
ビタミンC 44mg

出典:日本食品標準成分表

「なばな」のゆで方とレシピ